【岐阜県】すやの栗きんとんと熊谷守一

秋の味覚
この時期栗のスイーツがたくさんも店にならぶのでどれもこれも食べたく
なります。
今日私が食べたスイーツは毎年この時期に1回は食べる岐阜県にある老舗
「すや」の栗きんとんです。

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

すや

岐阜県中津川市に本店を置く「すや」
創業は元禄時代、しかも創業当時は酢のお店だったのです。
まさかこの酢のお店が平成の今の時代、和菓子屋として有名に
なろうとは・・・きっと創業者、赤井九蔵(江戸から下った武士)
もおもわなかったですよね。

こちらの「すや」の住所
本店:岐阜県中津川市新町2-40
営業時間:8:00〜19:00 (9月~12月は8:00〜20:00)
定休日は水曜日です。

すや、栗きんとん/sami
すや、栗きんとん/sami

毎年、栗きんとん、栗蒸羊かんの予約は8月からはじまります
ので公式HPを確認してくださいね。
すや公式HP

すやの栗きんとん

すやの栗きんとんは販売期間が決まっています。
9月~1月までは味わうことができるので今年は今ならまだ間に合います。
この栗きんとんをさっそくお味を紹介してみます。

すや、栗きんとん/sami
すや、栗きんとん/sami

見た目とってもお上品な栗きんとんです。
お抹茶にもあいそうです。

すや、栗きんとん/sami
すや、栗きんとん/sami

栗きんとんの中にはつぶつぶの栗のつぶがいっぱい入っっています。
あまさも上品なあまさです。
栗拾いをしてきた栗をゆでて食べたときの素朴な栗のあじがそのまま
くちの中に広がります。

すや、栗きんとん/sami
すや、栗きんとん/sami

いくつでも食べることができそうです。

すやの栗きんとん雑学

すや、栗きんとん/sami
すや、栗きんとん/sami

期間限定で味わうことができるこの、「すや」の栗きんとん箱の中には栗の絵が描かれた説明文が付いています。
この栗の絵を描いたのは、有名画家熊谷守一です。
この熊谷守一は「すや」の本店がある岐阜県中津川市の地主で紡績業を営む裕福な家にうまれました。子供のころから絵を描くのが好きでした。
長年にわたる下積み生活だった熊谷守一の絵に光が当たったのは、名古屋の建設会社社
長、木村定三氏が彼の絵をコレクションしたことが大きなきっかけでした。
この熊谷守一の代表作はねこや昆虫、自然を描いたものがたくさん残っていて、私も大好きな画家さんの一人です。少しイラストのような温かみのある絵が多いように思います。代表作は「赤蟻」という蟻の絵です。池袋のある熊谷守一美術館でみる事が出来ます。他「雨滴」は愛知県美術館(木村定三コレクション)でみる事が出来ます。

また、日経新聞の私の履歴書に掲載された熊谷守一の「へたも絵のうち」という随筆も
出版されているので読んでみるの楽しいです。
芸術家の生き方はこだわりが強くてじつに面白い!!

sami

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。