【東京食べ歩き】新大久保でカンジャンケジャンを食べる!

韓国料理の人気メニュー、カンジャンケジャン!

私も大好物です!!

 

カンジャンは韓国語で간장と書きます。

このカンジャンは日本語で醤油のことです。

そしてケジャンは韓国語で게장と書きます。

この게は日本語でカニのことを言います。

 

カンジャンケジャンは今の時期

5月から6月が旬のワタリガニの醤油漬けのことです。

 

このカンジャンケジャンを日本の中の韓国、新大久保の南海水産で

食べてきました!!

では新大久保の南海水産をご紹介します!!

南海水産

南海水産

JR新大久保駅からは徒歩5分程度です。
改札を出て、そのまま右手に歩きます。

ホシギチキンとデリカオンドルの間の小道に入ります。
真っ直ぐ行くと、西大久保公園の目の前に、こちらの
南海水産があります。

夕方、6時30分に入店。
私と娘以外のお客様は8名ほどの団体さんと
カップル1組でした。

平日の夜ですが、こじんまりしたお店なので
人が入っているな~という印象でした。

新大久保では、サムギョプサルのお店や、少しリーズナブルな
お店は若者たちでいっぱいですが
こちらの南海水産のお客様の年齢層は少し上かな・・
という感じです。
ゆっくり、食事を楽しむお店です。

南海水産

今回こちらの南海水産を訪れた目的は、
前にも書きましたが、旬の

カンジャンケジャンを食べる!!

と言うわけで、もちろん注文したのも
カンジャンケジャン!!

2杯分のワタリガニで1680円でした。

味は、醤油漬けなので醤油味ですが

かにの甘味があってまろやかで美味しかったです。

このカンジャンケジャンは韓国では飯泥棒ともいわれています。

南海水産

といううのも、この醤油あじのワタリガニ、そのカニの甲羅に
蟹味噌と海苔とまぜた、ごはんを載せて食べたるのが定番で
これが本当においしい!!

そのため、飯泥棒と言われているんです。
納得ですね!!

このごはんを絶対たべたい!と思っていたので、
別にライスを注文しようとしましたが・・

確認してみると、ちゃんとご飯が載ったカニが登場するとのこと。

南海水産

娘と二人でこの量では足りない・・という事で
イカ炒め(오징어볶음・オジンオポックン)

1680円を注文!!

このオジンオポックンは辛い・・!!
やっぱりライスを1つ別に注文しました。

南海水産

うれしいことに・・
おまけにヤンニョムケジャンをサービスしてもらいました。
これも辛くておいしかった!!

ありがとうございます!!

南海水産

こちらの南海水産は、ヒラメや真鯛
のお刺身セットや海鮮鍋、海鮮の一品料理
と韓国の海鮮料理がそろっています。
私の大好物!!

南海水産

活たこ(생낙지・センナクチ)は2580円と少し高いので今回は断念。
冬に食べたい、海鮮鍋のメニューの中で、私はあまり見たことがない
魚内臓鍋(생선내장매운탕・センソンネンジャンメウンタン)
というメニューを発見!!
冬はこれを食べたい!!

いつものお肉中心の韓国料理とは
一味違う韓国料理を食べたいとき
海鮮料理の専門店、南海水産はおすすめです。

★南海水産店舗情報★

住所:東京都新宿区百人町1-1-20

TEL:03-3208-1363

営業時間:ランチ・11:00~14:30・ディナー・17:00~05:00

HP:南海水産

sami

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。