【東京食べ歩き】新大久保のBossChickenでチキンを食べる!

韓国ではチキンが大人気!チキンは今では韓国料理?
と思ってしまうほど味付けも色々です。
東京、新大久保にも色々な味付けのチキンを食べる事
が出来るお店がたくさんある事をみなさんご存知ですか?
大久保通りを普通に歩いていると見落としてしまいそうな
小さな入り口のBossChickenをご紹介します!

BossChicken

BossChicken

BossChickenって?

かわいいヒヨコのイラストが目印のチキン屋さんBossChicken。
新大久保には韓国の有名チェーン店もいくつかあります。

このBossChickenはチェーン店とは違う・・と思います。
私もはっきりとはわかりませんが。すみません。

BossChicken

店内はこじんまりとしていて、4人がけのテーブルが3つ
と3人がけのテーブル1つ。
BossChicken

チキンは大き目、サクサクで最高に美味しい!!
そのうえ、並んでいない・・・
穴場のチキン屋さんです!!

BossChickenってどこにある?

新大久保駅の改札をぬけると、目の前にあるのが大久保通りです。
この大久保通りを渡り、右へ進むこと5分ほどのところにBossChickinはあります。
看板も入り口も小さく、八百屋さんの2階になります。

BossChicken

普通に歩いていると入り口を見落としてしまうほど小さい入り口なので
きょろきょろと上も見ながら見つけて下さいね。

大久保通りの向かい側にはソウル市場があるので
ソウル市場を目印にしてくださいね。

BossChickenでなにを食べる?

BossChickenのメインのメニューはというと
もちろんチキンですが・・

BossChicken

■フライドチキン・・・ハーフ1300円、1羽2300円

■ヤンニョムチキン・・ハーフ1400円、1羽2600円

■骨なしフライド・・・ハーフ1100円、1羽2000円

■骨なしヤンニョム・・ハーフ1200円、1羽2200円

■ネギチキン・・・・1羽2300円

■醤油チキン・・・・ハーフ1400円、1羽2600円

■Snowチキン・・・・ハーフ1400円、1羽2600円

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

■辛いヤンニョム・・ハーフ1400円、1羽2600円

BossChicken

このほかにもサイドメニューはフライドポテトや
トッポッキ、辛ラーメンなどもあります。
BossChicken

私は今回は骨なしフライドとSnowチキンを注文しました。
骨なしフライドチキンは、スパイスの入ったお塩や辛いソース
をつけながら食べます。
BossChicken

定番中の定番ですが、衣のサクサク感が本当に美味しいです。
BossChicken

Snowチキンは、フライドチキンの上に玉ねぎとチーズの入ったホワイト
ソース・・グラタンのソースの様なものがかかっています。
ソースとフライドチキンの相性はばつぐんです!!
BossChicken

以前訪れたときは、骨なしヤンニョムも食べました。
以前はどーしても3つの味が食べたかったので3種類で
1羽分にしてほしいとお願いして注文しました。

こんなわがままも聞いてくれるので、イケメンのお兄さんに
相談してみて下さいね。

BossChicken

そして韓国のチキンといえば忘れてはならないのが
大根の酢漬けです。
BossChickenの大根の酢漬けは、すっぱすぎず、甘すぎず
チキンとよくあいますよ。

BossChickenまとめ

こちら新大久保のBossChickenではテイクアウトもOKです。
そのときは、ハーフではなく1羽からの注文のみです。

少し待ち時間はありますが、外はカリカリ中からジュワ~
とトリの旨味がででくる、アツアツのチキンは最高です。

そして私が訪れたときはいつも、日本人でもなく
韓国人でもなく海外のお客様が多い様に思います。

その為か、お店で流れている音楽もK-POPではなく
洋楽が・・ジャスティン・ビーバーの曲が名が流れていました。

BossChicken店舗情報

住所:東京都新宿区大久保2-32-1 2F
TEL:03-6457-6998
BossChickin

sami

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。