韓国映画「Be With You いま、会いにゆきます」ネタバレあらすじ感想!

韓国エンタメ

 

U-next「Be With Youいま、会いにゆきます」はこちらから!!

スポンサーリンク

韓国映画「Be With You いま、会いにゆきます」映画のあらすじ

母、妻を亡くして1年後、ウジンとジホ親子はふたりで暮らしています。

そして息子ジホは「梅雨になったらママが会いにくる!」と信じています。

そんな雨の日、スアは全ての記憶をなくしたまま、ウジンとジウ二人の前に現れたのです。

 

二人は、スアを家に連れて帰り、3人での生活が始まりました。

初めは、自分が二人の家族だと確信できないでいたスアでしたが、二人と過ごすうち

自分が本当にウジンの妻で、ジウの母であることを確信していきます。

 

幸せな家族3人で過ごす時間は、あっという間に終わりを迎えます。

スアは、二人を残しまた、姿を消してしまうのです。

ウジンとジホは、居なくなったスアを思いながらまた二人で生きていくことに

なるのです。

 

スアは、雨の日になぜ、会いに来ることができたのか・・・

 

この結末が気になる人は👇

 


Be With You 〜いま、会いにゆきます(字幕版)


韓国映画「Be With You いま、会いにゆきます」映画のキャスト

監督

イ・ジャンフン

脚本

イ・ジャンフン

出演

ウジン役:ソ・ジソプ

スア役:ソ・イェジン

韓国映画「Be With You いま、会いにゆきます」映画の韓国での人気

韓国公開は2017年です。

観客の4割は20代、男女半々。

https://movie.naver.com/movie/bi/mi/basic.nhn?code=168298

韓国映画「Be With You いま、会いにゆきます」映画の口コミ

口コミは日本版「今、会いにゆきます」と比較した意見が多いようです。

・日本版より、ユーモアがあり、笑えるシーンも多い

・二人の再会のシーンは、日本版に比べてさらっとしすぎていた

・主演は竹内結子の方がよかった

スポンサーリンク

韓国映画「Be With You いま、会いにゆきます」まとめ

韓国映画「Be With You いま、会いにゆきます」みんなが選ぶ名セリフ!!
韓国映画「Be With You いま、会いにゆきます」名セリフNo1 「NEVERKOREA」に掲載されている「Be With You いま、会いにゆきます」の 映画の名セリフの中で、映画を観た人達から1番人気がある名セリフの...

「天国と地上の間には雲の世界があります。そこは、天国へ行く人々が

家族の記憶から消えるまで暮らす所です」というペンギンの親子のアニメで始まります。

亡くなった人は、残してきた大切な家族が自分を忘れて元気な日常を取り戻して生きて行く

ことを願っているのかもしれません。

 

冒頭のペンギンの親子のアニメの中に、雲の世界から地上を眺め、涙をこぼすペンギンの

母親が描かれています。その涙が地上では雨になるのです。

亡くなった人の涙が雨になり、悲しんでいる家族の上に降るのでしょう。

スアが雨の日に会いにくるといったのは、雲の世界から地上を眺め涙を流した時という

意味なのかもしれません。

 

そして、伝えられなかったお互いの気持ちを伝えることができて、お互いに

心残りがなくなった時、スアはまた空に帰っていったのです。

 

映画の中では、スアとウジンが出会った時の気持ち、そして最終的に自分が若くして

亡くなることを知っていながら結婚し家族なったことが語られています。

それは、日記という形ででした。その日記を読んで初めてスアに起こったことを

理解するウジンだったのです。

 

亡くなった人を想う家族と、残してきた家族を思うそれぞれの気持ちがとても切ない

お話しでした。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました