韓国映画「82年生まれ、キム・ジヨン」ネタバレあらすじ感想!

韓国エンタメ

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』オフィシャルサイト|絶賛公開中!
絶賛公開中!|大丈夫、あなたは一人じゃない。共感と絶望から希望が生まれた――ベストセラー小説、待望の映画化
スポンサーリンク

韓国映画「82年生まれ、キム・ジヨン」映画のあらすじ

韓国のベストセラー小説「82年生まれのキムジヨン」の映画化です。

 

結婚や育児で社会から切り離されて過ごすジヨン。

ある時突然ジヨンは別人になってしまうようになります。

ある時はジヨンの母、ある時はすでに亡くなっている友人・・・

そして、その時の記憶はありません。

妻であるジヨンを心配するデヒョンに支えられ、ジヨンは少しずつ回復を目指します。

この映画「82年生まれ、キムジヨン」の結末が気になる人は👇

Amazon primビデオで「82年生まれ、キム・ジヨン(字幕版)」を観る!

U-nextで「82年生まれ、キムジヨン(字幕版)」を観る!

U-nextで小説「82年生まれ、キムジヨン」を読む! 


韓国映画「82年生まれ、キム・ジヨン」映画のキャスト

監督

キム・ドヨン

脚本

キム・ドヨン

出演

ジヨン役:チョン・ユミ

デヒュン役:コン・ユ

ミスク役(ジヨンの母):キム・ミギョン

韓国映画「82年生まれ、キム・ジヨン」の原題

82년생 김지영(82ニョンセン キムジヨン)

・~년생(~ニョンセン):~年生まれ

・김지영(キムジヨン):キムジヨン(名前)

82년생 김지영

韓国映画「82年生まれ、キム・ジヨン」映画の韓国での人気

韓国公開は2019年です。

観客の4割は20代、7割が女性です。

82년생 김지영

韓国映画「82年生まれ、キム・ジヨン」映画の口コミ

・現代韓国の女性の生き辛さを描いた作品だか、日本も似たようなことがある

・テーマは普遍的な問題で共感できるところが多かった

・2つのテーマがうまくかみ合っていない

スポンサーリンク

韓国映画「82年生まれ、キム・ジヨン」まとめ

韓国は、日本以上に男の子、つまり後継ぎが生まれることを

期待され、長男の嫁としての立場は大変なものだったといいます。

 

キム・ジヨンは、現代の女性ですが、母として嫁として一生懸命働きます。

そんな、ジヨンは頑張り過ぎたのかもしれません。

 

「~しなければ!!」という思いが強すぎて

本当の自分が誰なのか、分からない状態になっています。

 

良い母親でいなければならない

良い嫁でなければならない

良い娘でいなければならない

ジヨンは、色々な物に縛られています。

 

この映画を観ていて感じたのは、韓国だけの話ではなく

今の日本にも同じような思いをしてる人がたくさんいるのでは

ないかということでした。

 

何かに縛られ、周りからの言葉に振り回されることなく

自分は自分なんだと、強い気持ちで生きていく大切さは

これからの日本にも大切なことではないかと感じされられました。

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました