韓国映画「スウィング・キッズ」ネタバレあらすじ感想!

韓国エンタメ

 

スポンサーリンク

韓国映画「スウィング・キッズ」を視聴!


Amazonで「スウィング・キッズ(字幕版)」を観る!

Unextで「スウィング・キッズ」を観る!

 

スポンサーリンク

韓国映画「スウィング・キッズ」について

韓国映画「スウィング・キッズ」あらすじ

「スイング・キッズ」は1950年に始まった朝鮮戦争の翌年

1951年の巨済(コジェ)捕虜収容所が舞台です。

 

1951年、巨済(コジェ)捕虜収容所のイメージアップを図る計画で作られた

ダンスチーム、「スイング・キッズ」

「スイング・キッズ」のメンバーは、巨済(コジェ)捕虜収容所の捕虜たち。

 

収容所で一番のトラブルメーカー、ロ・ギス。

韓国語、日本語、中国語、英語の4ヶ国語を話す

無許可の通訳士ヤン・パンネ。

ダンスチームのメンバーになって有名になれば

生き別れか妻が会いに来ると信じているカン・ビョンサム。

見た目はぽっちゃり、けれど栄養失調でダンスが得意な

中国人捕虜のシャンパオ。

この4人を元タップダンサーで米国士官のジャクソンがまとめます。

 

思想や国、人種に関係なく、ダンサーはダンスを踊るだけ。

ダンスで気持ちをひとつにした5人には、色々な障害が立ちはだかります。

 

「ダンス・キッズ」の5人が迎えるダンスの大舞台は果たして・・

この結末が気になる人は👇


Amazonで「スウィング・キッズ(字幕版)」を観る!

Unextで「スウィング・キッズ」を観る!

韓国映画「スウィング・キッズ」映画のキャスト

監督

カン・ヒョンチョル

韓国映画「スイング・キッズ」インタビュー

脚本

カン・ヒョンチョル

出演

ロ・ギス役    :D.O(EXO)

ジャクソン役   :ジャレット・グライムス

ヤン・パンネ役  :パク・ヘス

カン・ビョンサム役:オ・ジョンセ

韓国映画「スウィング・キッズ」の原題

스웡키즈(スウォンキズ)

日本ではカタカナで表す「スイングキッズ」をハングルで表現。

韓国映画「スウィング・キッズ」映画の韓国での人気

韓国公開は2018年です。

観客の4割は20代、7割は女性。

https://movie.naver.com/movie/bi/mi/basic.nhn?code=164101

韓国映画「スウィング・キッズ」予告編

映画『スウィング・キッズ』公式サイト|大ヒット公開中!
映画『スウィング・キッズ』公式サイト|大ヒット公開中!
スポンサーリンク

韓国映画「スウィング・キッズ」まとめ

朝鮮戦争は、韓国では「6.25戦争」、北朝鮮では「祖国解放戦争」と呼ばれています。

 

この映画「スイング・キッズ」の中では、朝鮮半島の北と南の対立だけではなく

軍隊と捕虜の関係や、軍隊の中でも白人と黒人の対立があるなど

国の対立だけではなく、色々な対立や差別を描いています。

 

その人々が気持ちをひとつにする事ができるものとして

ダンスが描かれています。

 

捕虜としてだろうが、軍人としてだろうが、思想が違っていようが

「スイング・キッズ」としてダンスをした5人は仲間だったのです。

人と人として繋がっていたんだなと感じます。

 

衝撃的なラストシーンは、涙なくしては観ることができません。

韓国映画「スイング・キッズ」の舞台巨済(コジェ)とは?

巨済(コジェ)市

巨済島(コジェトウ)は、韓国の中で済州島(チェジュトウ)に続き

2番目に大きな島です。

「外島ボタニア」という植物園は「冬のソナタ」のロケ地としても有名です。

巨済(コジェ)捕虜収容所

巨済(コジェ)捕虜収容所は、現在は巨済(コジェ)捕虜収容所遺跡公園として

観光スポットになっています。

巨済(コジェ)捕虜収容所遺跡記念公園HP

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました