永田町1丁目!何があるのか見に行こう!

永田町1丁目!何があるのか見に行こう!
永田町1丁目
永田町1丁目

日本の政治経済の中心地ろ言えば、千代田区永田町。
この永田町1丁目には、いったい何があるのでしょう。

みなさん、お分かりになりますか?
とても気になりますよね。
そこで、今回は永田町1丁目には何があるのか、みなさんにご紹介
したいと思います。

永田町

永田町1丁目
永田町1丁目

永田町の街の名前の由来は、江戸時代にさかのぼります。
江戸時代、この永田町には、「永田」という姓のお屋敷が立ち並んでいました。
このことから、今の永田町周辺は、「永田馬場」と呼ばれることになりました。

今では、国の政治をつかさどる街として「永田町」といえば、国会の代名詞としても使われています。

永田町1丁目

国会議事堂
国会議事堂

永田町1丁目には、やっぱり国の中心、国会議事堂がありました。
国会議事堂は一般の観覧も行っています。
国会議事堂の住所は永田町1-7-1です。
国会議事堂から目と鼻の先、総理官邸は永田町2丁目になります。

国会議事堂観覧はこちらの
参議院HPから確認できます。

永田町1丁目1番地

国会議事堂の住所は永田町1-7-1です。
では、永田町1-1にはいったい何があったのかというと、
憲政記念館がありました。

憲政記念館
憲政記念館

憲政記念館があるこの場所は、時代によって
住むひとも変化していきます。

江戸時代初期:加藤清正

彦根藩上屋敷:井伊直弼

明治時代:参謀本部・陸軍省

昭和:尾崎記念会館

憲政記念館

永田町1丁目1番地:尾崎幸雄像

尾崎幸雄
尾崎幸雄

永田町1丁目1番地にある憲政記念館は、元々尾崎記念会でした。
では、この尾崎幸雄とはいったいどんな人だったのでしょうか。

尾崎幸雄は、「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれている人で
伊勢神宮の前にある合格神社の御祭神です。

永田町1丁目1番地:彦根藩井伊家上屋敷跡

彦根藩井伊家上屋敷跡
彦根藩井伊家上屋敷跡

永田町1丁目にある憲政記念館の敷地の中には彦根藩井伊家の上屋敷跡が
あります。

彦根藩井伊家上屋敷跡
彦根藩井伊家上屋敷跡

この場所からは、皇居の周りをぐるりと廻っているお堀を
眺めることができます。

彦根藩井伊家上屋敷跡からの眺め
彦根藩井伊家上屋敷跡からの眺め

江戸時代、江戸城と彦根藩井伊家上屋敷はとても近い場所にあったこと
がわかります。

永田町1丁目1番地:日本水準原点

日本水準原点とは、全国の標高の基準となる海水面の高さのことをいいます。

永田町1丁目1番地まとめ

永田町1丁目1番地にはいったい何があるのかなと
ふと疑問に思って永田町を歩いて来ました。

やっぱり国会議事堂や憲政記念館といった日本の
政治経済の中心がありました。

憲政記念館
憲政記念館

憲政記念館の中には、こんな感じで国会議事堂内部が再現してあります。

日枝神社からも歩いてすぐの場所なのでお散歩がてら
日枝神社と国会議事堂、首相官邸、憲政記念館など回るのも
よさそうです。

日枝神社のまさるパワーで運気アップ!

永田町1丁目1番地・情報

Translate »