【韓国映画】「ミットナイトランナー」レビュー!

【韓国映画】「ミットナイトランナー」レビュー!

日本でも中島健人と平野紫耀主演で放送中のドラマ「未満警察ミッドナイトランナー」。
日本より少し早く、韓国では映画として公開されていました。

今回は「ミッドナイトランナー」のご紹介です。

            Amazonミッドナイト・ランナー デラックス版 [Blu-ray]

ミットナイトランナー

原題:청년경찰(チョニョンキョンチャル)
韓国公開 2017年8月9日

日本公開 2018年3月24日

ミッドナイトランナー:出演者

パク・ソジュン、カン・ハヌル、パク・ハソン他

ミッドナイトランナー:あらすじ

行動派ギジュンと頭脳派ヒヨル。二人は未来の警察官を目指す警察大学の学生です。
外出許可をもらって出かけたカンナムで女性の拉致事件を目撃します。
市民の命を守るため警察に通報する2人ですが、警察はなかなか捜査しようとはしません。
目の前で起こった拉致事件を放っておけない2人は、独自に女性の行方を調べることを決めますが・・

ミッドナイトランナー:レビュー

パク・ソジュンとカン・ハヌルが演じる警察大学の学生2人がとにかく熱い!!
市民の命を守るために、後先考えず行動する2人。
若いってすばらしい!

カンナムで起こった女性の拉致事件は、不妊治療に使うための
卵子を売買している「卵子ブローカー」の仕業でした。

この卵子提供で、病院は不妊治療を受けている夫婦から800万ウォンを受け取ります。
そして卵子ブローカーには200万ウォン支払います。

そして、拉致された少女たちは、排卵誘発剤で誘発された卵子を提供させられます。
わけもわからず・・

女性を物のように扱って、産婦人科の先生が一番お金を儲けている・・・
納得いかない・・と感じますが、そこに注目しすぎると内容が軽く感じられるので
これは映画の中の出来事だからと納得し
W主演のふたりの熱血ぶりに注目して青春映画といて楽しみました。

女の子たちが拉致されている場所が大林洞(テリムドン)という街は、韓国系中国人、朝鮮族
の人が多く住む町です。

この街が映画の舞台となったことで、朝鮮族のイメージを損なう表現があったということで
民事訴訟にもなったようです。
スポーツソウルの記事

個人的にはその2人を見守る警察大学のヤン教授を演じているソン・ドンイルさんが好きです。
韓国映画やドラマの中では、おもしろいお父さん役でよく見かけるあのひとです。

いつものおちゃらけたイメージはなく、常に学生の見方でいてくれる
頼れるヤン教授でした。

Translate »