【韓国】韓国語でお金は돈(トン)!!

【韓国】韓国語でお金は돈(トン)!!

韓国語でお金のことは돈(トン)といいます。

この韓国のお金돈(トン)の単位を₩(ウォン)といいます。

 

この₩(ウォン)は원(ウォン)と表記されます。

韓国語には漢字由来の韓国語がありますが

この원(ウォン)は漢字由来で、圓(円)の

韓国語読みになります。

韓国旅行に行く時は毎回レートも気になります。

韓国の1000₩が大体日本の100円ぐらいだと思っていると

旅行の予定が立てやすいですようです。

ではこの韓国のお金、돈(トン)にはどんな種類がある

でしょうか??

★韓国の紙幣★

 

・50000₩(ウォン)

この50000₩(ウォン)は、黄色の紙幣

比較的新しいお札で、2009年から使用が

開始されました。

 

50000₩(ウォン)紙幣の女性はいったい誰?

50000₩(ウォン)紙幣には女性が描かれています。

 

この女性、申師任堂(シン・サイムダン)
と言います。

李氏朝鮮時代の女流画家です。

 

昔の韓国では、日本同様、女性は表で活躍することが少ない、

というイメージを持っていましたが、申師任堂(シン・サイムダン)

のように活躍した女性がいたんだなと、新たな発見でした。

 

この女性、表では女流画家として活躍し、家庭では良妻賢母

の象徴と言われています。

 

江原道(カンウォンド)の江凌(カンヌン)には

申師任堂(シン・サイムダン)の生家烏竹軒(オジュッコン)

が残されています。

 

 

そして、申師任堂(シン・サイムダン)は2017年の

韓国ドラマ「師任堂、色の日記」でイ・ヨンエ

が演じて話題となりました。

 

・10000₩(ウォン)

2007年に発行された新10000₩(ウォン)札は

緑色の紙幣です。

 

10000₩(ウォン)札に描かれいるのは

世宗大王(セジョンテウァン)です。

世宗大王(セジョンテウァン)は、現在も韓国で

使われているハングル文字を作った人物として知られています。

 

景福宮の光化門からまっすぐ続く光化門広場には

この世宗大王(セジョンテウァン)の座像があります。

 

この世宗大王(セジョンテウァン)は何度も韓国ドラマ

に登場しています。

 

・5000₩(ウォン)

オレンジ色のお札5000₩(ウォン)の

肖像画が栗谷李珥(ユルゴ・イイ)という儒学者です。

 

この栗谷李珥(ユルゴ・イイ)という儒学者ですが、

50000₩(ウォン)札の申師任堂(シン・サイムダン)

の息子なのです。

 

こんな立派な息子を育てたという事が

申師任堂(シン・サイムダン)が良妻賢母の象徴

とされる一因かもしれません。

 

・1000₩(ウォン)

1000₩(ウォン)札は水色です。

この1000₩(ウォン)札に登場するのは

退渓・李晃(テゲ・イファン)という

こちらも儒学者です。

 

5000₩(ウォン)に登場する栗谷李珥(ユルゴ・イイ)

と同じ時代を生きた儒学者でお互い相反する考えを

もった儒学者でした。

 

★韓国の硬貨★

・500₩(ウォン)

500₩(ウォン)は日本の500円玉

ほどの大きさで鶴が描かれています。

 

・100₩(ウォン)

 

100₩(ウォン)は日本でもなじみがある

李・瞬臣(イスンシン)が描かれています。

豊臣秀吉の時代、文禄・慶長の役で水軍を率いて

戦ったと言われている人物です。

 

・50₩(ウォン)

50₩(ウォン)は日本んの5円玉にも

描かれている稲の柄です。

 

・10₩(ウォン)

10₩(ウォン)硬貨は多宝塔です。

韓国慶尚北道慶州にある世界遺産

仏国寺(プルグクサ)にあります。

 

10₩(ウォン)硬貨は小さく、日本の

1円玉よりさらに小さく、色は10円玉

のような色をしています。

 

・5₩(ウォン)

この5₩(ウォン)硬貨は見たことがないのですが

亀甲船の柄です。

亀甲船は100₩に登場する李・瞬臣(イスンシン)が

考案した、改良したとありますが

この記録が残されてはいないようです。

 

・1₩(ウォン)

こちらの1₩(ウォン)硬貨も今のところ

見たことがないのですが、韓国の国花である

ムクゲの柄です。

 

★まとめ★

日本の紙幣・硬貨もそうですが

韓国のお金も歴史的な人物や建物が描かれています。

わたしもそうですが、韓国が好きな人は自然と韓国の歴史にも

興味を持ち始めることが多いです。

そんな時は、韓国の紙幣や硬貨に描かれている人物

から調べてみると楽しみながら韓国の歴史を学ぶことが

出来ます。

 

そして、意外と韓国の歴史ドラマの主人公になっている人も多いので

歴史を知って韓国ドラマを見ると 、さらに楽しむことが出来ます。

한국어/韓国語カテゴリの最新記事