【韓国語】パッチム(받침)の話し①

【韓国語】パッチム(받침)の話し①

韓国語の特徴のひとつ받침(パッチム)。

日本語で生活している私たちには、なじみがない받침(パッチム)ですが、韓国語の学習では避けてはと通れません。

この받침(パッチム)は、日本語にはないので、日本人から見ると少し不思議な存在です。では、 받침(パッチム) とはどんなものなのでしょうか?

받침(パッチム) の意味

韓国語の文字は、ローマ字とよく似ています。 받침(パッチム) とは母音と子音の組み合わせによってできているローマ字のようなハングルの下にささえの台のようについている子音です。

받침 (パッチム)は韓国語 では、받침(パッチム)と書きます。この 받 침(パッチム) は動詞 받 치다(パッチダ)の名詞形です。

받 치다(パッチダ)は支えるという意味があるので、 받 침(パッチム) は上にのっている文字を支えているという意味になります。 コースターや鍋敷きも 받 침(パッチム) といいます。

받침(パッチム) の種類と発音

この받 침(パッチム)は、ひとつの時もあれば、2つの時もあります。2つのパッチムがある場合もどれを発音していいのか迷ってしまいます。

2つのパッチムを2重パッチムと言います。2重パッチムの発音は右だけ発音する場合と左だけ発音する場合と両方発音する場合があります。後ろにくる物が何かでパッチム発音が決まります。

★種類

・ㄱ[k] ㄱ・ㅋ ・ㄲ・ㄺ・ㄳ

・ㄷ[t] ㄷ・ㅌ・ㄸ ・ㅈ・ㅌ・ㅉ ・ㅅ・ㅎ

・ㅂ[p] ㅂ・ㅍ・ ㅃ・ㅄ・ㄿ

・ㅇ[ng] ㅇ

・ㄴ[n] ㄴ・ㄵ・ ㄶ

・ㅁ[m] ㅁ・ㄻ

・ㄹ[l] ㄹ・ㄼ・ ㄽ・ㄾ・ㅀ

받 침 (パッチム)の存在は、発音も複雑にしてしまいます。받 침 (パッチム) は、単語ひとつだけを発音すると、ほとんど音が、聞こえません。まるで存在していないように、姿を消してしまいます。

ただ、後ろに、違う単語が来たときに、 받 침 (パッチム) は存在をアピールしてきます。 ですから、舌の動き、口の動きは意識して覚えると、後々役に立ちます。

 

まとめ

 

받 침 (パッチム)という単語の意味や받 침 (パッチム)の種類、そして発音を確認できました。ふたつある받 침(パッチム)は、どちらのハングルを発音するかは、耳で聞いて慣れておくといいと思います。

という私もまだまだです。少し韓国語を聞かないでいると全て忘れてしまいます。その度になんだったっけ?と確認します。ひとつ覚えては、ひとつ忘れる。この繰り返しです。

 

한국어/韓国語カテゴリの最新記事