【韓国旅行】ソチョン(西村)SCOFF BAKEHOUSEはかわいいベーカリー!

ソチョン(西村)scoffbakehouse ソチョン(西村)

ソチョン(西村)scoffbakehouse

 

昔の芸術家が多く住んだソウルソチョン(西村)の街をお散歩中。
女子高生らしき2人連れが、「あったあった!!」と騒いでいます。
いったい何があったのかな~と、ストーカーのように思わず付いていった先で
見つけたものは・・

なんとかわいいベーカリーだったのです。

スポンサーリンク

SCOFF BAKEHOUSE

ソチョン(西村)scoffbakehouse

 

キョンボックン(景福宮)駅から歩くと20分以上はかかるかもしれません。
ですが、周りにもかわいいカフェがあったりするのでお散歩気分でお出かけするのにはおすすめします。

 

ソチョン(西村)scoffbakehouse

 

このSCOFF BAKEHOUSE店内がかわいい
そして、販売しているケーキやスコーンは、サイズが大きくてびっくりします。

 

ソチョン(西村)scoffbakehouse

 

ソウルの街はカフェがたくさんあるので入りってみたいカフェだらけです。

このSCOFF BAKEHOUSEの前にコーヒーを飲んできたわたしはスコーンをTAKEOUT
することにしました。

 

ソチョン(西村)scoffbakehouse

 

おすすめされたのは大きなスコーン3300₩。

 

ソチョン(西村)scoffbakehouse

そこで、このおすすめスコーンとジンジャークッキーを購入しました。

 

ソチョン(西村)scoffbakehouse

 

2Fはカフェになっているので、もちろんお店で食べることもできます。

韓国の女子高生ふたりのおかげで、かわいいソウルのカフェSCOFF BAKEHOUSEに
行くことができました!ありがとう!!

スポンサーリンク

SCOFF BAKEHOUSEへのアクセス

チャハ路

ソウルの地下鉄3号線キョンボックン(景福宮)駅2番出口からふらりとソチョン(西村)
の街を歩きます。

2番出口からまっすぐ紫霞門路(자하문)を歩きます。

この通りは、キョンボックン(景福宮)のトルダム(石垣)にそっているヒョジャ
ロ(孝子路)の一本筋違いの道です。

有名なサムゲン(参鶏湯)のお店とトソクチョン(土俗店)に入る道の次、少し斜めになった
道をひたすら進みます。

【韓国旅行】ソチョン(西村)トソクチョン(土俗村)で参鶏湯を食べた感想!
ソチョン(西村)はキョンボックン(景福宮)の西側に広がる街です。 キョンボックン(景福宮)の西側にもハノク(韓屋)が広がる街があります。 プッチョン(北村)ほど、華やかではありませんが、観光地化したソウルより 地元の人々が...

途中、李箱(イ・サン)の家・チェビ茶房も通り過ぎ、cafeテオ書店も通り過ぎます。

【韓国旅行】ソチョン(西村)で李箱(イ・サン)チェビ茶房に行く!
韓国ソウルの故宮、キョンボックン(景福宮)の西側はソチョン(西村)と いわれています。 世宗大王の生家もあるこの街は、韓国の有名な芸術家が集まる場所だったようです。 静かな住宅街ですが、キョンボックン(景福宮)近くには、ハノク(韓...
【韓国旅行】ソチョン(西村)にあるテオ書店(대오소점)でお茶を飲んだ感想!
ソチョン(西村)は、キョンボックン(景福宮)の西側に広がる街です。 このソチョン(西村)の街をお散歩です。 今回の旅行はソウルに暮らしているように色々な街のお散歩を楽しんでみました。 そこでひと休みしたテオ書店(대오소점)をご紹介...

まっすぐ進むと、トンインシジャン(通仁市場)の入り口に、市民の憩いの場なのか、
バス停なのか、みんなで休めるような屋根付きの台があります。

【韓国旅行】ソチョン(西村)トンインシジャン(通仁市場)に行ってみた感想!
ソチョン(西村)の旅が続いています。 ソチョン(西村)は韓国旅行でも、あまり行ったことがありませんでした。 ですが、今回ソチョン(西村)に行ってみると、人がいないわけでもなく・・ かといって多くもなく・・・ 街は静かで、わた...

なんていうんでしょうか。これは。
韓国ドラマでもよく見かけるあれです。

その前から細く伸びる道に入ります。どんどん歩いて左側にはいる細い路地をちらっと
覗いてみてください。

 

ソチョン(西村)scoffbakehouse

そこにあった!

SCOFFという看板。細い路地なので、キョロキョロ見ながら歩いてください!!

スポンサーリンク

SCOFF BAKEHOUSE情報

住所:31 Pirundae-ro 5ga-gil, Nuha-dong, Seoul,

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました