【韓国旅行】ソチョン(西村)にあるユン・ドンジュ(尹東柱)下宿あと!

【韓国旅行】ソチョン(西村)にあるユン・ドンジュ(尹東柱)下宿あと!

ユンドンジュ 下宿跡

ソウルのソチョン(西村)には、日帝時代の文学家が住んでいました。
その一人が、イ・セキ(李箱)です。
チェビ茶房の話は以前のブログに書いたのですが。

【韓国旅行】ソチョン(西村)で李箱(イ・サン)チェビ茶房に行く!

もう一人、日本とゆかりのある詩人、ユン・ドンジュ・(尹東柱)もこの
ソチョン(西村)の街に暮らしていました。



ユン・ドンジュ・(尹東柱)下宿後

ユンドンジュ 下宿跡

ユン・ドンジュ(尹東柱)の名前を聞いたことがある人は多いと思います。
なぜなら、このユン・ドンジュ(尹東柱)は、韓国が日本の植民地にされていた時代に日本へ留学し
そして、独立運動に参加し、治安維持法違反による逮捕、そして福岡の刑務所で亡くなった詩人だからです。

このユン・ドンジュ(尹東柱)は、なくなるまでハングルで詩を書き続けたといわれています。
日本の植民地となっても民族の誇りを持ち続けた、ユン・ドンジュン(尹東柱)の詩は、彼が亡くなってから
脚光を浴びます。

序詩

いのち尽きる日まで天を仰ぎ
一点の恥じることもなきを、
木の葉をふるわす風にも
わたしは心いためた。
星をうたう心で
すべての死にゆくものを愛おしまねば
そしてわたしに与えられた道を
歩みゆかねば。

今夜も星が風に身をさらす。(愛沢革訳)

出典:korea net

この詩はとても有名で日本人でも知っている人が多いと思います。

そしてこのユン・ドンジュ (尹東柱)の半生を描いた映画も公開されています。

ソウル、ソチョン(西村)の街を歩いていて、そこにあったのは、このユン・ドンジュ(尹東柱)が下宿していた
という、小説家の家(現在は建物は替わっている)にその事実が記されているものでした。

もっと、足をのばせば、ユン・ドンジュ(尹東柱)文学館にも行くことができたのですが・・
残念ながら行くことができませんでした。
konest:ユン・ドンジュ(尹東柱)文学館

ソウルにはこのユン・ドンジュ(尹東柱)ゆかりの場所がほかにもあります。
ユン・ドンジュ(尹東柱)が通った、ヨンヒ専門学校(今は延世大学)にも石碑があります。

日本にも、このユン・ドンジュ(尹東柱)の石碑が立っている場所があります。
東京の立教大学と京都の同志社大学です。

亡くなって100年以上たっても忘れず追悼する人が、韓国だけでなく日本にもいるということは
それほどユン・ドンジュ・(尹東柱)の生き方や詩は、国は関係なく人の心に訴えかけるものがあるのだと
感じずにはいられません。

ユン・ドンジュ(尹東柱)下宿跡 情報

住所:57 Ogin-gil, Nusang-dong, Jongno-gu, Seoul,

ソチョン(西村)カテゴリの最新記事

Translate »