【韓国旅行】薬令市場(ヤンニョンシジャン)でよもぎのお灸とサンファ茶で体を癒す!!

お灸 チェギドン(祭基洞)

ヤクレイシジャン

漢方薬がずらりとそろった薬令市場(ヤンニョンシジャン)!
この薬令市場(ヤンニョンシジャン)へ行ったのでこんな事をしてみました。

いつもありがとうございます。

わたしの体さん・・・
自愛を気持ちでお試しです。

【韓国旅行】祭基洞(チェギドン)はおじいちゃんおばあちゃんの原宿!
ソウルの地下鉄1号線祭基洞(チェギドン)駅2番出口をでると 辺りは、すでに漢方のにおいが漂っています。 これを薬臭いと思うか、体によさそうだと思うかは人それぞれです。 駅を出たところからこんな風景が広がります。...
スポンサーリンク

薬令市場(ヤンニョンシジャン)でよもぎのお灸

わたしは、長く患っている五十肩の痛みを和らげたいと思っていたのですが、どこで
どうすればよいかよく分かりません。

 

よもぎ蒸し

 

そこで、薬令市場(ヤンニョンシジャン)の中で、ヨモギのお灸をしていると、

看板が出ていたキョンヒダンハ二ウォンに行ってみることにしました。

 

よもぎ蒸し

韓医院(ハニウォン)の受付の女性は日本語も堪能で、お灸の説明をしてくれます。

その後、施術室へ案内されます。

よもぎ蒸し

 

施術室はこんな感じです。

 

よもぎ蒸し

毛布が引いてあるベットにごろりと寝て、上にある大きなお鍋のようなものが
お灸の蓋です。

わたし以外には、2人のお客様がいらっしゃいました。
2人とも常連さんらしい韓国の方でした。

一人は腰痛があるようで、腰にお灸を、もう一人の男性はお腹の調子が良くないようで

定期的に通っているようでした。

お灸をお腹にするんだ・・と初体験で驚くことばかりです。

ご覧の通り、施術用のベットにはカーテンも何もないので話はまる聞こえでした。
そのうえ、施術ベットひとつひとつの距離も近いです。

 

よもぎ蒸し

 

荷物はロッカーに預け、洋服も背中が開いているTシャツに着替えます。
大きなお灸をして、上から大きな蓋をします。

そこから何分が過ぎたのかは寝てしまったのでわかりません。
少し熱くなってきたので目が覚めたのですが、温度の調整は、
その都度声をかけると対応してくれます。

その後、カイロプラティックのおじさんが、サービスで少しだけ施術してくれました。
その施術は、なんと大きな声で「痛ーい!!」とわめき散らすほどの痛さでした。

五十肩で痛い腕のわきの下を、つまむというのか、ほぐすというのか、とにかく痛いんです。
わきの下と肩のまわりを重点的にもにほぐしてもらいました。

ですが、その後はやっぱりスッキリしていて、完全に治ったわけではありませんでしたが、
その日までの痛さに比べるととても楽になりました。定期的に通いたいと思ったほどでした。

 

スポンサーリンク

薬令市場(ヤンニョンシジャン)でサンファ茶

 

サンファチャ

 

サンファ茶は韓国の伝統茶の一つで、滋養強壮にいいといわれています。

 

ハニウォン

 

薬令市場入り口の大きな門からすぐのヒョソンハニウォン(효성한의원)
という韓医院(ハニウォン)に併設されているcafeタミカ(다미가)で飲むことができます。

サンファ茶を飲んでいる時も、煮だした漢方の材料をまとめて、まくらくらいの大きさにして
カイロのようにして渡してくれます。体の中からも外からも、温まります。

五十肩、更年期でお困りの方、韓国旅行の時はおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

キョンヒダンハニウォン・cafeタミガ情報

①キョンヒダンハニウォン
②cafeタミガ
2軒ともに住所がはっきりわかりません。
地図はこの辺りです。

チェギドン地図

Translate »
タイトルとURLをコピーしました