【韓国旅行】韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)の建物はどんな建物?

【韓国旅行】韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)の建物はどんな建物?

 

韓国ソウルには日本の統治時代の建物が残っています。
このような建物を見学することは、韓国と日本の歴史を知るよい機会になります。

今回のひとりたびは、そんなソウルの街をふらふらと歩いています。
気になった建物や公園にふらりと立ち寄る旅も楽しいです。

 

韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)

有名な韓国ソウルの南大門(ナンデムン)ですが、ソウルの人々の多くは、
崇礼門(スンンネムン)と呼ばれています。

南大門

この崇礼門(スンンネムン)、南大門市場(ナンデムンシジャン)の近くに
韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)はあります。
韓国貨幣博物館
この建物は、日本が植民地時代に、建設されました。もともとは、昔の日本第一銀行が使用す
目的で建てられました。

この韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)の建物は、日本の明治時代の建築家が建てた建物です。
その建築家は、日本が明治時代、おかかえ外国人として、今の日本に残る有名な建築物を建てた、ジ
ョサイア・コンドルに指示した辰野金吾でした。

韓国貨幣博物館

辰野金吾の建築物は日本でも、重要文化財になっているものがたくさんあります。

韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)は、日本の植民地時代には、韓国の中央銀行だった「朝鮮銀行」の本店として使用されていました。
現在は、韓国の中央銀行「韓国銀行」の貨幣博物館として使用されています。

韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)の館内では、その日の世界の通貨の価値を確認することが出来ます。

韓国貨幣博物館

 

韓国貨幣博物館
電光掲示板には為替ソートが表示されています。
韓国貨幣博物館韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)の館内には、古い、韓国のお金から世界各国のお金が展示されています。

韓国貨幣博物館

もちろん、日本の紙幣もありました。
懐かしい聖徳太子の一万円札も見ることが出来ます。
わたしは、初めて見たのですが、北朝鮮のお金も見ることが出来ます。
韓国貨幣博物館
韓国の現在のお金についてまとめたこちらも、ご参考にご覧ください。

韓国語でお金は돈(トン)!!

韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)は、日本の植民地時代の古い建物と、古い時代のお金、
そして現在のお金の価値についても学ぶことができます。

韓国銀行貨幣博物館(한국 은행 화폐금융 박물관)情報

住所:39 Namdaemunno 5(o)-ga, Jung-gu, Seoul
開館時間:10:00~17:00/月曜日休館
韓国貨幣博物館 HP

Translate »